スポンサードリンク

就職活動 最終面接



最終面接、いよいよ内定獲得の最後の山場です。今までの段階は、ここを乗り越え内定を勝ち取るための足場です。就職活動の最終面接では、各企業の役員や人事部長などが面接を行う事が一般的です。中堅以下の企業などでは、社長自ら面接を行う場合もあります。

最終面接で判断されるのは、各々の基礎学力や人間性、ビジネス能力、価値観、入社意欲の高さ、人望など、いってみれば人格全てを判断されるわけです。面接評価の方法は、基本的には総合的に見た他の求職者との比較評価になる傾向が強いようです。会社で活躍してくれそうなのは誰と誰か、A・Bどちらを採用しようかと学生同士を比較して選考されます。

年々重要度が高くなっている最終面接で採用される求職者の条件は次のような物です。高いビジネス能力・志望動機が明確さ・入社意欲の高さ・表情や態度の好印象度・活躍している社員との比較などです。最終面接の一般的な評価項目としては、外見や立ち振る舞いマナーなどがビジネスマンとして好印象を与える人材か、適切な言葉遣いでビジネスマンとしての会話できる人材か、共に働きたいと思えるような人材かなどが判断されます。

最終面接まで到達するということは、それまでの試練をかいくぐって来た人です。つまり基礎学力、人間性、志望意欲すべて一定の水準をクリアした「見込みのある学生」ということになります。最終面接で判断するのは、企業が求めているビジネス能力が備わっているか、この学生は職場で活躍してくれそうかどうかを審査するのです。




posted by 働く人 at 19:35 | 就職

スポンサードリンク

就職 面接 質問



就職活動の面接においては、企業側からさまざまな質問が投げかけられます。一般常識はもとより、話題になっているニュースなどに関心をもっておくことが必要です。新卒採用の就職活動面接では、近年の質問傾向として、ビジネス能力を重視する質問が増えているようです。

現在の企業採用では、将来利益を出すことのできる人材採用に注目が注がれています。就職を希望する学生にも、ビジネスでかならず要求される能力・資質があるのかを問われる質問が、多くの面接試験に用いられる傾向にあります。就職活動を行う学生側としては、面接を受ける企業にどんな能力を求められているのかなどを、きちんと把握して面接試験の質問に答えるように準備する必要があります。

企業がビジネス能力の有無を把握するために、面接やエントリーシートの質問には、「あなたがこれだけは他人に負けないといえるものは何ですか?」「大きな困難を乗り越えた経験はありますか?」といった内容の質問が増えてきています。また、就職を希望する学生が企業(業界)に対してどの程度の知識を持っているのか、人生観や仕事観にどんな考えを持っているのかを確かめるために、「将来のあなたはどうなっているか」などといった質問も増えています。

いくら人柄や学歴が優れていても、企業に対してどう思い、自分自身がどういう考え方を持っているのかをアピールすることができないと、就職面接で内定を勝ち取ることは難しいかもしれません。就職面接を行うのは、主に役員や人事部長ですが、中小企業などでは、社長自ら面接を行う場合もあります。面接で質問されるであろう内容を頭に入れ、自分なりの考えを表現できるようにしておくことが大切です。


posted by 働く人 at 19:25 | 就職

スポンサードリンク

就職 活動 面接



就職活動の試験は筆記試験だけではなく、面接試験があります。人により、得手不得手が分かれるのが面接試験でもあります。面接は、言ってみれば企業と求職者のお見合いの場とも言えます。相性もありますが、まずは気に行ってもらえなければ先に進めません。就職活動で、企業側に気に入られるようにするにはどうしたらいいのでしょうか?まずいかに自分をアピールし、良く見てもらうかを考える必要があります。

就職活動における面接の種類には、個人面接と集団面接があります。個人面接は、求職者一人一人毎に、企業側の担当者が応対し、求職者の話を聞きながら、求職者の能力や考え方を把握分析する試験です。就職活動としての個人面接試験では、マイナス印象になるような言動に注意し、積極的な受け答えで明るく爽やかに面接官と接することが重要になります。

集団面接とは、大企業などが行っていることが多く、数人の求職者と企業側数人の面接官が行い、自己アピール・積極性・協調性などが見られる面接試験です。質問内容は問題の提起が多く、出された問題に一人ずつ答えていきます。個人面接と違って、面接官は求職者同士の比較ができ、評価しやすいのが利点です。質問された時、質問をした面接官に向かってだけ話すのではなく、面接官全員に向かって話すように心がけた方がよいと思います。また面接を受ける企業の情報不足は、大きなマイナスイメージを与えますので注意してください。集団討議面接とは5人前後でグループを作り、一つのテーマについて数人の求職者で討論させられる面接試験です。自分の考えや意見をうまく表現出来るかどうかなどを面接官に見られます。

就職活動面接の準備として、持って行く物の確認や身だしなみにも注意して下さい。面接試験においては、企業側が求めている人物像があります。責任感が強い、積極性、創造性がある、リーダーシップがとれる、向上心を持っているなどがあげられるでしょう。就職活動の面接試験では、これらの点を考慮した上で望みましょう。


posted by 働く人 at 14:32 | 就職
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。